風水生活 今年の恵方は南南東 | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

Chiaki

風水生活 今年の恵方は南南東

2016/01/29

こんばんは。

環境コンサルタントのChiakiです。

新しい年を迎えたばかりと思っていましたが

あと数日で1月が過ぎようとしています。

ab9a40c2af393d5ccba8cfa0ce1f741a_s

来週の水曜日は2月3日の節分の日です。

節分とは本来、季節を分ける意味を表したため、

1年に4回、立春、立夏、立秋、立冬の前の日にありました。

しかし日本では立春を1年のはじまりとして特に尊び、

春の節分を指すようになったようです。

 

節分は、中国から伝わってきたものです。

立春を1年の始まりと考えれば、節分は大晦日にあたります。

なので、年とりとか、年越し、追儺(ついな)といった邪気払いを

神社仏閣をはじめ家庭でも豆をまいてします。

豆(魔滅)をまいて鬼を追い払うならわしも、中国の邪気(鬼)はらいから来ていて

春の初めに祝福の神様たちが訪れる意味を含んでいます。

昔の民家では、柊の小枝にイワシの頭を焼いて刺し

戸口や窓に飾るということもされていました。

今でもやっているお家があると時々耳にします。

 

豆まきの豆も炒った豆を使いますね。

子どものころ

「なんで生の豆を使わないのかな~?」と思ったことがありました。

これにも意味がありまして

「炒る」には、「射る」に通じていて

鬼や大豆は陰陽五行説の「金」にあたり

この「金」の作用を封じる相剋の関係である「火」で大豆を炒ることで

鬼を封じ込めるという意味があったのです。

最後に、よく言われる「年の数だけ豆を食べる」ことで

鬼退治したことになるのですね。

 

ちなみに今年の恵方は、丙の方「南南東」です。

恵方巻を食する方もいますよね。

おもいっきり豆をまいて、たまには大きな声でストレス発散しましょう\(^o^)/

ページ先頭へ