色育生活 作品から感じるもの | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

Chiaki

色育生活 作品から感じるもの

2016/01/30

こんばんは。

環境コンサルタントのChiakiです。

今日の雨は冷たい1日で、雪に降られて大変なところもありますが

静岡は、そう思うとまだ暖かな地域なのですね・・・・でも寒い^^;

t02200165_0800060113147479546

そういえば

この時期は地域によって子どもたちの作品展がありますね。

絵だったり工作物だったり、個性的な作品があります。

その作品を見ていると

子どもたちの日頃の生活環境が見えてくる時があります。

よく親御さんがお子さんに

絵なら「上手に描けるといいね!☆」

工作物だと「上手に作れるといいね!☆」と言われるのでしょう。

ちゃんと描いたり、作ったりと子どもたちの必死さも伝わってきます。

あたりまえのようですが

評価されていると思うと「上手」という言葉になります。

しかし

作品展に行ってみると

「上手」というだけではなく「個性的」なものが多くあります。

色づかいも出来上がった作品の豊かなことは確かですが

そこにはやはり、表現力のあるものが多いです。

言葉ではなく、作品にどれだけ思いをのせて伝える事が出来るか

それを感じる作品が並んでいます。

 

色は正直です。

その時に感じた色が作品に使われています。

配色やトーンに、些細なところにも読み取れることがあります。

色の意味を知らなくても

色から感じることもあります。

色に悪い色はありません。

そして比べる必要もありません。

作品を見て、子どもたちの思いに気づいてみてはいかがでしょうか?

そこから始まる会話もあると思います。

もしかしたら、その会話を待っているかもしれませんね(*^^*)

ページ先頭へ