【筆跡心理学】文字の大きさに大小混合は、不安定に安定? | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

Senju

【筆跡心理学】文字の大きさに大小混合は、不安定に安定?

2017/09/17

こんにちは

台風の影響もあり、静岡は雨です。

ちょっと楽しみにしていたビーチフェスタへの出店も

残念ながらお流れに

勉強しろ!ってことかもしれません。

 

さて

 

今月はカラー月間となりまして

色彩力セミナーやカラーセラピー講座などを

展開しております。

 

なぜか

その月その月のテーマというのか

お仕事いただく内容が集中します。

 

とんで11月は

筆跡心理学のセミナーをいくつかいただいております。

どうして集中するのだろう?

時の流れって不思議です。

 

ということで

今日は筆跡心理学のおはなしを

 

筆跡心理学は

書いた人の性格や考え方、また行動傾向を

筆跡から捉えるというものです。

 

前回、龍馬さんの筆跡のお話をしましたが、

実物にはお会いできないものの、

筆跡から「人物」が見えてきます。

歴史好きにはたまらんのです。

 

龍馬さんの字は

一貫して大きいかしら

それほど字の大小が見られなかったです。

そう考えると

やっぱり裏表なく、あけっぴろげさんだったのではと

思うのです。

だから

それが良くも悪くも出たのかしら

来年の大河「せごどん」こと

西郷さんとは、どうも相性が悪かったようです。

 

先日

「この人はどういうタイプですか?」と

筆跡を見せられました。

ご本人さんがいらっしゃらないところで語るのは

少々気が咎めますが

それでも

筆跡はあくまでデータに基づいているので

特徴をのべさせていただきました。

 

龍馬さんとは逆に

文字の大きさに

大小混合型の特徴が見られました。

 

見た目どおり

人生も緩急つけたい

そう考えると、人生刺激型ともいえるし、

自分の基準で、

力を入れるところと抜くところを推し量っているとも

いえるでしょう。

 

とにもかくにも

刺激を求めて、動き回るタイプでしょうし、

刺激に対して貪欲でしょうし、

刺激がないと

やる気がなくなり

思考を鈍るでしょうし。

 

安定ではなく

どちらかというと

不安定に安定を感じるタイプ

かも。

 

それが

良い悪いではなく、

それがその人に生き方にも通じるということ。

ただ無意識でそれやってるなら

つらいかもしれませんね。

安定を望むなら、一定の大きさで文字を書くと

平常心が保たれるかも

でも

それって、あなたらしいですか?

 

みなさんの筆跡はいかがですか?

 

今後の筆跡心理学教室の予定

11/15(水)10:00~12:00 グランドホテル富士

11/17(金)19:00~21:00 西部きらめき女子大学

11/24(金)18:30~20:00 みしま健幸大学

ページ先頭へ