【色彩心理学】ピンクは真の強さをひめている | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

Senju

【色彩心理学】ピンクは真の強さをひめている

2018/01/11

こんにちは笹川です。

静岡はよいお天気です。

海と山の向こう側に雲が見え隠れしている程度

お日さま、ご機嫌です。

 

 

みんな変わっていくのだな~

と思えるご報告をいただき

ノスタルジーな気分に・・・

 

 

そんな気分にひたりながら

ある先生の言葉を思い出しました。

 

 

ピンクは真の強さをひめている

 

 

PINKって、

REDにWHITE(CLEAR)を足した色

だからね

と教えていただきました。

 

 

この意味

少しわかってきたような

まだわかってないような

 

 

 

 

PINKは私にとって神秘の色なんです。

だから

わかったつもりにしかなれないのです。

だから

今感じていることだけでも・・・

 

 

ピンクの色彩言語は

だれでもイメージする

愛情

献身

母性

女性らしさなどなど

 

 

この意味を

実際に行動(表現)に移そうとすると

どうでしょうか。

 

 

どこか義務的で

中身が伴っていない場合

一時気分が良いですが

それを続けているうちに

意味が反転していくことないですか?

 

 

自己犠牲

 

 

色でいったら

REDに

BLACKを注いでいくような

感じです。

どんな色になっていくのか

イメージできますか?

 

 

だんだんだんだん

自分の首がしまっていく感じで

苦しいんです。

 

 

でも

 

 

自分が好きで、

そうしたいからするのでしたら?

 

 

自分も楽しいし、周りも楽しい

ぜんぜん苦しくないですよね

 

 

力みがないから

す~っと素直に周りへと

拡散されていくでしょう。

 

 

色でいったら

まさに

REDにWHITE(CLEAR)を足した感じ

PINKです。

 

 

どちらもねっこは

RED

 

 

REDの色彩言語は

生きる力だったり

強さだったり

行動力だったり

意志だったり

自分の内側にある

「力」です。

 

 

自分の内側に

「力」を充実させていったら

自然とあふれていくもので

自然と醸し出されるもので

おのずと求められる「力」に

 

 

あるビジネス講演会でも

こんなお話をいただきました。

 

 

まずは

自分だよ

そして

夫婦だよ

そして

親子だよ

そして

友人だよ

そして

社員(同僚)だよ

そして

地域だよ

そして

社会なんだよ

 

 

まずは

自分を充実させることから

すべてははじまる

 

 

それが

すこしずつ

すこしずつ

波紋のように広がっていくんだよ

 

 

 

そのお話を伺ったとき

色が見えました。

 

 

REDが

かろやかに光をおびて

PINKへ変容していく姿を

 

 

ピンクは真の強さをひめている

 

 

ノスタルジーにひたりながら

ふと、この言葉の意味を考えておりました。

 

 

 

今週末は、TCカラーセラピー講座です。

また新たなセラピストさんが誕生いたします。

 

 

 

ページ先頭へ