【企業研修】新聞販売店責任者向けコミュニケーション研修担当しました。 | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

New&Topics

【企業研修】新聞販売店責任者向けコミュニケーション研修担当しました。

2019/03/13

こんばんは

キャリアコンサルタントの笹川です。

また急に冷え込んできました。

今週末の藤枝でのイベントは、暖かくなるといいな~晴れ

 

 

さて

 

 

先週の土曜日(3月9日)に

お声掛けいただきまして

新聞販売店責任者向けの

コミュニケーション研修

を担当させていただきました。

 

 

正直、強制参加の社員研修は

自発的ではないということもあり、

「やらされ感」が漂う空気になることもあり、

場を作るのに難儀することもありますが、

今回ご参加くださいました責任者の皆さまの

聴く態度、学ぶ態度が素晴らしく

楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

 

先月の(株)アイン様での社員研修でもそうだったのですが、

どうも社員さんから

「コミュニケーション研修を!」

という声があがったそうです。

 

 

個人的にご苦労されているからだけでなく、

つねに、よりよい職場環境を作ろうとする

リーダーとしての責任感と向上心から出た言葉なのだと思います。

 

 

今回いただいたタイトルは

「潤滑なコミュニケーションの秘訣とマナー」

 

 

ほんとに、わたしがやらせていただくのは

おこがましい内容です。

 

 

それでも

  • 組織作りでの大切な考え方
  • 働くうえでの価値観の違い・価値観の押し付け
  • 自分と他者のコミュニケーションの傾向
  • 非言語によるコミュニケーション

このような内容でお伝えさせていただきました。

 

 

 

とくに

コミュニケーション傾向を知るワークでは、

とても熱心でした。

 

 

  • 叱るのが苦手な人
  • 楽しい環境を求める人
  • 働く意味を他社にも求める人
  • 正義感が強い人

 

 

それぞれに、言葉の選択(くせ)が異なります。

ご自身の傾向が見えてくると、課題もおのずと見えてきます。

そのうえで

どんなアプローチ法が適切か

 

 

さすがリーダーのみなさん、

上記の傾向を時と場合、そして人によって

使い分けるコントロール力もお持ちでした。

 

 

ただ、その力を

 

相手に合わせるためだけに

時間を費やしすぎて、

疲れてしまっているのも否めません。

事前にいただいた個々の資料から、

そのご苦労がひしひしと伝わってまりました。

 

 

コミュニケーションに答えはありません。

答えがあるはずと思って挑むと疲れます。

ないと思って、諦めるのではなく、

コミュニケーションは

信頼関係を築くためのただのツールだということです。

 

 

コミュニケーションポイントの一つは・・・

「そうですよね」

「そうなのですね」の使い方分け

 

 

プライベートや雑談なら

「そうですよね」の分かち合いを示すリアクションを

ビジネス上で、相手の言い分を聴くときには

「そうなのですね」の自他を分離するリアクションを

いかがでしょうか。

 

 

さて

 

 

研修を終えて立ち寄った青葉公園で

お友達と「おでん祭り」で一杯音譜

 

 

 

ページ先頭へ