「好き!」と見つめる時間 | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

トピックス

Senju

「好き!」と見つめる時間

2019/05/12

こんにちは

キャリアコンサルタントのSenjuこと笹川です。

 

2ヶ月ぶりのブログアップ

 

以前は当たり前のように毎日アップしていたのに

いざ書かなくなると、久しぶりのアップは少し気恥しいです。

 

ビジネスのためにブログを書くという考え方がありますが、

どうも、私の場合、表現の一部として書いているように思います。

 

しかし表現する場が他で満たされていると

自然と何かが淘汰されていく、そんな感じの2ヶ月だったようです。

正直、書いているほどの体力が残ってなかったのも事実ですが・・・

 

そんな中

 

 

先日のGWは、しっかり8日間お休みをとりました。

春の花々を堪能しました。

 

桜にチューリップ、牡丹に菖蒲そしてそして・・・・

その中でも、心から求める花色が「PINK」でした。

「紫」の花は、「きれいだな~」と感じましたが、心と共鳴しませんでした。

「PINK」は心がキュンとしました。

 

今求めている色なのでしょう。

 

人には、自然治癒力というものがあります。

そして

心や体のバランスを、自然ととろうとするものです。

 

皆さんにもありませんか。

いつのまにか、身の回りのものが特定の色で埋め尽くされたこと。

もしくは

やたらと特定の色が気になること。

 

以前の私は、「PINK」は苦手と公言しているほどでした。

それが、こんなにも求める気持ちになろうとは・・・

人の心は不思議です。

 

 

カラーコンサルタントのフェイバー・ビレン先生によると

PINKを好む人々は

ひとつに

「安穏とした避難所で生活をしている人」

もしくは

「子供のころの純真な心を取り戻そうと努める人」

いずれかなのだそう。

 

また

 

PINKの意味には

女性らしさ

若々しさ

気配り

やさしさ

想いやり

母性

恋する心

などなどありますが

 

若々しさという意味の裏側には

老いへの不安という意味が潜んでいます。

 

どの意味をとっても、心あたりがありすぎるこのごろ

じゃあ、どうする?

 

今、これらを求めている自分がいるのなら、

どうする?

どうしたい?

 

「好き!」と見つめた先に、未来の扉が開きます。

 

 

Senju

 

ページ先頭へ