11月開講 クリスタルボウル演奏家コース | 東静岡・藤枝でスクールや資格取得ならてらこや千聚

てらこや千聚

お問い合わせはこちら

TEL&FAX 054-283-3035

講座一覧

クリスタルボウル奏者養成スクールピックアップ人生を豊かにする学び

11月開講 クリスタルボウル演奏家コース

12243476_204397056558796_5467957503600530748_n幸せを呼ぶ天空の音色
クリスタルボウルは水晶で出来た器上の楽器です。その音色は宇宙を彷彿とさせるスケール感。クリスタルボウルの振動性音響は、人間の体内にある水分を媒介して、全身全霊へと伝わっていきます。
心身の深いリラクゼーションを味わえることでしょう。西洋では音響療法にも用いられる神秘の楽器です。
江口勝氏の著書「水からの伝言」では、水の結晶画像比較が実証されています。
それによると慈愛にみちた言葉を語りかけた水の結晶と、破壊的暴力的な言葉を語りかけた水の結晶では、より美しい結晶を形作ったのが「慈愛の言葉」
その違いは、音の振動によるものだそうです。
クリスタルボウルの美しい音色は、その「慈愛の振動」に近いからこそ、幸せをもたらすのかもしれません。


【期待できる効果は?】

  1. 質の良い睡眠を促進
  2. 右脳(イメージ力)と左脳(思考)の統合を促進
  3. ストレスの軽減と不安感の大幅な減少
  4. 肉体の深いリラックス
  5. アンチエイジング 等

 


【こんな方にオススメしたい!】

  1. クリスタルボウルに興味がある
  2. 楽器を奏でてみたい
  3. 自分にも他人にも豊かな人生をもたらしたいという方
  4. 自己成長を促したい方
  5. 自分を変えたい
  6. 感性を磨きたい  など

 


11084243_804860629598618_3908192628948339860_n【講座プログラム】

  • ベーシックコース(感性を磨く)
  • マスターコース(演奏家プログラム)


ベーシックコース

クリスタルボウルの歴史や知識、そして演奏する為の基本を学びつつ、ご自分の人生をクリエイトしていくためのメソッドをワークを通して、感性を磨いていきます。

その感性を生かして、ヒーリングスタイル演奏会を開催できる演奏家を目指します。

日 程 1日目 11/27(水)10時~12時30分

@東静岡駅南口グランシップ

※2日目は相談しながら決めさせていただきます。

時 間 全10時間程度
受講料 100,000円(税別)
※分割可能(分割回数など要相談)
※レッスン時のクラシックボウルレンタル代込み
カリキュラム
  • クリスタルボウルとは
  • 体と心と音の親和性
  • 意識の構造
  • 音色リーディング
  • あなたが伝えたいメッセージとは
  • ビジョンワーク
  • クリスタルボウルの奏で方(基礎編〜応用編)
  • クリスタルボウル演奏(ヒーリングスタイル)
活動可能内容 ヒーリングスタイル演奏活動(サロン向け)
※演奏会料金目安 90分1名3,000円~

side_bnr01

マスターコース

演奏家となるための卒業プログラム

クリスタルボウルの演奏家として、人を癒すことだけでなく、人を魅了する演奏スタイルを身につけていきます。ステージでの実演&カメラマンの写真撮影等、演奏家として活動する為の支援プログラムでもあります。

時 間 全15時間程度(卒業演奏含む)
受講料 150,000円(税別)
※分割可能(分割回数など要相談)
※卒業時にディプロマをお渡しさせていただきます。
カリキュラム
  • あなたが伝えたいメッセージとは
  • ビジョンワーク
  • 空間演出
  • 月のバイオリズム
  • 演奏家としての心構え
  • オリジナル演奏スタイルの構築
  • 楽譜作り
  • 演奏会リハーサル(プロカメラマンの写真撮影あり)
  • 卒業演奏会
活動可能内容 コンサートスタイル演奏活動(他楽器とのコラボなども含む)
※演奏家料金目安 1公演20,000円~

side_bnr01

出張演奏会承ります

基本1公演(90分程度) 30,000円~

※人数、ご予算、内容はお気軽にご相談ください。

side_bnr01

担当講師

クリスタルボウル演奏家 Senju

  • クリスタルボウル演奏家インストラクター
  • 米国NLP協会NLPマスタープラクティショナー
  • 行動心理士
  • 筆跡アドバイザー
  • パーソナルカラーアナリスト
  • カラーセラピスト 他

 

活動履歴

19322_645764135556633_1080133993180299844_n

 

修了生の声

修了生Tさん(ベーシック修了)

今回は、クリスタルボウルベーシック講座を受講させていただき、ありがとうございました。

お友達に演奏会に誘われ、クリスタルボウルという言葉は聞いたことがあったものの、実際に音を聴くのは初めてだったのですが、「体にも心にもいいも の」というイメージで演奏会に行き、その初めての演奏会に参加して、「自分も演奏してみたい!」と思い、Senju先生を紹介して頂きました。

メールで問い合わせた時、すぐにお返事をいただき、また豊橋から東静岡ということで通うのにも大変だからと、10時間を2日に分けて下さり、受講日も都合のいい日で…と色々なところで配慮して頂き、まだお会いしてもいないのに、何か安心感を感じました。

それでも 初日は緊張して行きましたが、講座が始まり、Senju先生の雰囲気、話し方、話す内容から緊張から安心へと変わりました。演奏会に参加したのも、それま でに3回ほどで、クリスタルボウルに魅力を感じているものの、全くの初心者の私に、とてもわかりやすく丁寧に教えて下さり、出てくる言葉に、「ふ~ん」や 「へぇ~」などの驚きや納得のものばかりでした。Senju先生の方からの質問や、私の意見や考えを聞かれたときなど、答えに自信がなかったり、わからな かったりという場面でも、優しく対応して下さり、正直に発言できました。

そして、一番印象に残っていることは、私がこう思っている、こうなりたいなど気持ちや考えを発表したとき、「そうなのね~」「いいわよね~」と第一 声が認める言葉から始まるということでした。「こんなこと言ったらおかしいんじゃないかな!?」「 こんな考えでいいのかな!?」と迷いながら、恥ずかしいなと思いながらの答えもあったのですが、すべて受け止めて認めて下さり、自信を持てたというか、実 現できるように頑張っていこう!! という気持ちになれました。

クリスタルボウルを使っての実技では、最初は腕の動かし方、マレットを当てる角度など頭で考えてガチガチになってしまいましたが、続けて鳴らしていくうちに、Senju先生が「うん、いいよ~」や「あっ、いい音いい音!」などと言って下さり、とても楽しくできました。

一日目は片手ずつ鳴らしましたが、二日目には両手で鳴らすようになり、これまた頭で考えてしまいがちでしたが、Senju先生の認めてくださるお言 葉にいい気分になり、段々楽しく演奏することができました。二回とも、最後の時間にはSenju先生の演奏を聴かせて頂いたのですが、「どういう演奏か しっかり聴かなくちゃ!!」と思っていたのに、ものの数分でスースー寝息を立てている状態でした。

この講座を受講して、クリスタルボウルの魅力、不思議さ、奥深さを益々感じることができました。これからは私がたくさんの方々にそれをお伝えすると ともに、クリスタルボウルを通して、たくさんの人とつながっていき、みんなが笑顔になれるような演奏家を目指して、私自身も楽しんでいきたいと思います。

受講中、クリスタルボウルのことだけでなく、いろいろなお話を聴いたり話したりできたこと、長いと思っていた10時間があっという間に過ぎてしまい、まだまだお話を聴きたい気持ちでいっぱいで修了になってしまいました。

本当に充実した10時間を過ごすことができました。

クリスタルボウルの演奏家としてだけではなく、一人の女性としてSenju先生のようになれるよう努めていきたいと思いました。2日間本当にありがとうございました。

修了生Kさん

卒業演奏は超緊張で記憶がないのですが、お客様が演奏中に涙されたのを後で知り、驚きました。
私の奏でた音で!?と思いましたが・・・
でも、音で人の気持ちをふるわせることが出来るのは、とても素晴らしいことですね〜
私もとても感動しました!ただ、もっと自分の演奏方法を確立させるために練習したり、場数を踏まないとな〜と思いました。
地道に努力するとします。ちなみに私のラピスラズリのクリスタルボウルは、
「自分自身を受け入れる力を促す」
というような意味もあるようでした。
だから、そのままでいいんだよ〜というメッセージが響いたのかな?

修了生Eさん

防音の グランシップ地下練習室。
車の音も電車の音も風の音も聴こえない、そんな静寂の中で演奏させていただいたあの時間は、予想以上の緊張で 記憶がほとんどないのです。 クリスタルボウルの説明をしているときも、自分の声が自分の耳に届かない・・・緊張は数日前から始まっていて、作った原稿も記憶しようと集中してもなかな か頭に入らない・・・そんな日々でした。お伝えしたかったことをきちんとお伝えできたのかさえ、自分では判断できない・・・というのが正直なところです。 演奏が始まる瞬間は覚えています。 一音目から、いつもの手の動きと違うな。緊張で腕や手首 いろいろなところが硬くなって 自分が目指した心地よい響き、優しい響き の演奏ができるだろうか・・・と不安のスタートだったのは覚えています。もちろん顔を上げて お客様を見る余裕などなく、 ただ音に集中しようとしていたら、自然とずっと目を閉じていたような記憶があります。演奏の途中は、自分を落ち着かせるように 音だけに集中していました。演奏の最後に立ち上がった時には、もっとボウルを高く掲げたい・・・と思いながらも緊張で 腕に力が入らず 思った以上に低い位置での演奏終了なっていたと思います。 皆さんに緊張していたように見えなかった・・・と言われましたが、クリスタルボウルの倍音には、その緊張が伝わっていたのではないかと思うと緊張の音色を 届けてしまっていたのでは・・・と、少し怖くなっています。目指す演奏とは ほど遠いもだったのではないかと記憶がない中でも 理解しています。皆さんに 「よかったよ」と言われればいわれるほど、悔しくなり、このボウルたちの音はもっともっと 優しい音なのです とお伝えしたくなります。それも今の私の実力。これから時間をかけて経験を積み素晴らしい音を奏でていけるように、 7月 12日の記憶がない記憶を心に留めておきたいと考えています。

 

ページ先頭へ